松戸市周辺の葬儀で家族葬と一般葬の違いを比べてみます

松戸市周辺の葬儀会社で選ばれることが多い4種類の形式があるといいます。もちろん、松戸市周辺だけではなく、全国のほかの都道府県でも選ばれることが多く、たくさんの遺族の方が執り行っているということです。直葬、一日葬、家族葬、それから一般葬の4種類です。直葬は亡くなった場所からそのまま火葬場へご遺体を搬送して火葬を行い、後日改めて葬儀を執り行うという形式です。社葬などで数日葬儀までの間があいてしまうというときに選ばれることが多いといいます。一日葬は葬儀を行うには日が悪いときなどに、少し間をあけて葬儀を行うときに選ばれることがよくあります。一日で葬儀もすべて執り行うことからワンデーセレモニーとも呼ばれています。一般葬は昔からよく選ばれており、参列したことがあるという人がもっとも多い形式でもあります。

故人を見送る時間を作ることができる

家族葬は、家族や親族、ごく親しい人だけで折り行う葬儀の形式です。遺族がゆっくりと故人を見送ることができる形式として選ばれることが多いです。一般葬などでは遺族は参列者の方たちをもてなすことで忙しなく動き回らなければいけないので故人のことを考えることができないくらいです。ですが、この家族や親族だけの葬儀なら、ゆっくりと故人の思い出話などをすることができる時間を持つことが可能です。また、この形式を密葬と同じだと思っている人もいますが、それは間違いです。密葬とは少し内容が異なります。一般葬の縮小版と考えるとこの形式のことを理解しやすいです。ですが、一般葬との違いは、お香典やお供物などをいただくことがない、というところです。ゆっくりと故人を思う時間を持つことができるこの形式は、最近は松戸市など大きな都市を中心に選ばれることが増えています。

一般葬との違いがいくつかあることを知っておくといい

家族葬は先にも書いたように一般葬の縮小版と考えることができます。一般葬と同じ流れで葬儀を行うので特別なことは一切なのですが、人数が少なくなっているという違いがあります。また、お香典、お供物などをいただくことはないという違いもあります。お香典をいただくことがないので、葬儀費用はすべて自分たちで負担することになります。そのことをしっかりと理解したうえで選択する必要があるので、一度葬儀会社の人に相談してみるのもいいです。また、一般葬では参列者の数が多いので、食事やお礼状など、遺族の方への負担がとても大きいものがあります。ですが、家族葬はそのようなこともなく、少人数で、しかも家族や親族だけなので安心して故人をゆっくりと見送ることができるという違いがあるといいます。